ひきこもりについて

ひきこもりとは

さまざまな理由で社会参加をせず、長期間(原則的に6ヶ月以上)にわたって、家庭にとどまり続けている状態のことを言います。

どうしてそうなるの?

どうしてそうなるの

ひとり一人が違うように、悩みは様々です。
原因を探っていくと、仕事やいじめなど特定の出来事に思い当たることがあります。

しかし、それは原因ではなく、ひとつのきっかけにすぎません・・・
それだけが悪いのではなく、様々な要因が複雑に絡み合っています。

ひきこもっていること自体は悪いことではなく、次に動き出すエネルギー補給のために、必要な休息時間なのです。

ご家族の方へ

ご家族の方へ

子育てがまちがったかな…、なぜ…、うちの子だけが…
と自分や家族を責めたり、原因を探したり、疲れていませんか。

一息ついてゆっくり過ごしたいけど、ご本人のことが心配でなかなかできない。そんなときは、同じ悩みを抱えているご家族や、専門スタッフと一緒に考えてみませんか。

一緒に考えることで新たな糸口がみつかるかもしれません。
ご家族だけで抱え込まないでください。まず、ご相談をお待ちしています。

ご本人さんへ

ご本人さんへ

「自分の問題だから」「誰も自分の気持ちを分かってくれない」と気持ちを溜めて、1人で悩んでいませんか。

ひきこもり支援センター「りんく」では、あなたらしく自分のペースでこれからを歩んでいけるように専門スタッフ、仲間と一緒に考えていきます。

まずは、あなたの気持ちをお聞かせください。

あなたが『できること』、『やりたいこと』をこれから一緒に探していきませんか。